いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「魔術師のタロット」 一日トライアル(体験)ワークショップ

***************************************



《このイベントは終了しました》



***************************************


「魔術師のタロット」 一日トライアル(体験)ワークショップ のお知らせです!!




2012tarot.jpg





2012年いよいよ4月開講!
新しくなる《トートのタロット》

『魔術師のタロット講座』
本格的にトートのタロットを学ぶための講座です。



まずは「1日トライアル(体験)ワークショプ」


<レッスン料金>
¥4,200→¥3,150(約2時間)



<内容>
◆トートのタロット特徴と解説
◆『アラジンのランプのリーディング』をします。
<開催予定日>
3/4(日) 3/13(火) 3/18(日)
3/22(木) 3/27(火) 3/31(土)

*その他の曜日も承ります。 ご相談ください。



<会場>
HOLY SHOP 月船(つきのふね)
〒186-0004 東京都国立市中1-9-4 国立ビル2F

TEL:042-574-4787




詳しくは こちら をご覧ください。










PageTop

チャリティータロット「 in タロット王国」

***************************************



《このイベントは終了しました》



***************************************



明日です!!!



私がタロットを学んでいる「タロット王国」が、3/24に【チャリティータロット】を開催します。

収益金は東日本大震災の支援金に充てられます。

タロットは初めて、、という方もぜひ気軽にご参加ください。



タロットの奥深さに触れる、またとないチャンスです!!




__tn_charity_1.jpg



------------- 詳しい内容はこちらです↓ -------------



http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/magus508/view/20120311/1331435036



3/24(土): 13:00~17:00
【チャリティータロット「 in タロット王国」】を開催いたします。
(東日本震災支援のためのタロット企画です。)

*昨年は、色々な皆様からの“東日本震災の支援金”のご協力、本当にありがとうございました。

1年が過ぎ、『私たちに何ができるのだろうか?』と幾度か、問いかけてみました。
・・・・実際は何も出来ない・・・・やれない・・・と感じていました。
しかし、東京でも出来ることがある・・・やはりタロット王国で出来ることは、タロットを通して活動してみようと思います。

*そして今回【チャリティータロット】を開催いたします。

●3月24日(土)
●13:00~17:00
●チャリティー料金:¥1000(1件30分)
●会場:方南会議室(杉並区)

ぜひこの【チャリティータロット「 inタロット王国」】で「タロットをやってみたい!」という方、どんどん集まってください。
この機会にタロットの<楽しさ・喜び>を体験して頂きたいと思います。
(どなたでも参加できます。)

★予約受付いたしておりますので、来場の方は、メール頂けると助かります。
お問い合わせまたはお申し込みは;
『タロット王国』担当:摩風ゆみ(マシュー)  studio_dg@mac.com

*今回のタロット料金は全て<東日本震災支援金>にいたします。(会場費は別途差し引いて)

★皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。










PageTop

宮脇 昭 「いのちを守る300キロの森づくり」

柿のおじさんこと、宮脇昭先生の活動です。




















PageTop

美樹と横浜  1980

「なんで 出てくのよ!!」


美樹はモロゾフのカウンターで声を荒げた。


モロゾフは横浜駅の地下街の端っこにある小さなお店。
隠れ家みたいな雰囲気が私たちは気に入っていたのだ。



美樹の横顔は怒っている。
いつもこうだ。
彼女とは喧嘩ごしになってしまう。



けれどそういう美樹だって4月から女子美寮に入っている。
自分だって出て行ったじゃないか。



もう横浜はうんざりなんだ、この街の重さが耐えられない、と、私は話し続けた。



「あたし 帰るわ」
しばらくの沈黙の後、美樹は、カウンターに小銭を置いて立ち上がった。


私は急いで目の前の紙ナプキンにメッセージを書いた。


それでも私はヨコハマが一番好きだよ  


「知ってるわ 馬鹿!」


彼女は怒鳴って、店を出て行った。




それから数週間して、私は故郷に別れを告げた。







PageTop

新しい風

Morris.gif





ここ2週間ほど、自分に関するいろいろなことを考えていました。




それは、私は、「わたしという人間をわかってもらいたい」という強い思いがあるということです。




おそらく、生まれつきの性質や環境から育てにくい子供だっただろうことや、また大人の様々な思惑に巻き込まれ、時として思ってもないことが私の考えとして伝えられていたからだと思います。




「そうじゃないんだ」というジレンマが、長らく私を苦しめていたのかも知れません。




加えて、私は自分の体験が誰かの役に立てば良いとずっと願ってきました。
非常識な子育て漫画で、デフォルメしながらズボラな母を晒し続けた理由もそうですし(そのように提案したのは他ならぬ私ですし)、98年からネット上に自分の生い立ちや子供の頃感じてきた事を公開してきたのもそのような理由からです。




私はもうずっと自分が何かの役に立てればいいと思い続けてきたのです。




今日になってフッと、「わかってもらいたい」「役に立ちたい」は、共に大いなるエゴなんだなあと思いました。





エゴが悪いと言ってる訳ではないんです。
ただ、そこには私のしがみついた思いが何層にも絡まっているんだなーと気づきました。
楽になるはずだと信じていたけれど、実はかえって自分を縛っていたのだと初めてハッキリと見えました。




自分をわかってもらわなくとも良いし
役に立とうとしなくても良い。
それらは、私が決めることではないのだと感じました。




カテゴリー「私の物語」は、先日表に出したばかりの記事ですが、今度は永久にしまおうと思います。




Wikipediaや2チャンネルで、事実と違う事が書かれていたり誹謗中傷を目にするたびに、とても残念に感じていましたが、それも私のエゴです。
傷つくのは、わかってもらいたい執着があったからなのでしょう。




なんだか本当に長い旅でした。






これからは、新しい風の吹く、新たな旅に出ようと思います。




 








PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。