FC2ブログ

いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

真奈美とクリスマス!

生まれて初めてディスコというか、ダンスフロアに行ったのは、高3のクリスマスの時期。


私の高校は横浜特有のごちゃまぜ感というか、堅い子もいれば不良もいる曖昧な個性の女子校だったのだけど、真奈美は後者のほうで見た目はすごい不良だった。
髪は茶色でパーマをかけてるし、ピアスに、制服をだらしなく着る。
おまけに身体が大きくて、学校でもひときわ目立っていた。


真奈美は成績が悪くて「お馬鹿だなあ」と思ってると、ピアノを弾かせると巧かったり、合唱コンの指揮が神懸ってたり、バランスの悪い女の子だった。


そんな真奈美と3年の後半に席が隣になって、最初は口もきかなかったけど、実は気が合うことがお互いにわかってきた。
彼女はすごく遊んでる風に見せてたけど、実はファーストキスもまだなんだってこっそりと教えてくれた。


或る時、真奈美が嬉しそうに声をかけてきた。


「ねえねえ、由香ー、〇〇日にさー、クリスマスパーティーがあるんだけど行かない?」

「え? 行きたいけど、、、私、そういうの初めてだからな」

「大丈夫!!ジェニーもいるし、みんな優しいからさー!!」


ジェニーというのは真奈美の一番の仲良しで、アメリカンスクールの女の子。
真奈美は本牧の公園で遊んでいたので、アメリカンスクールの子とか、基地の子とか、私には想像もつかない世界で暮らしている。

「じゃあ、、、行ってみようかな、、、」


格好はラフでいいよ!と言われたけど、ラフもそうじゃないのもわからないので、素肌の上に直接セーターを着てコーラル色の柔らかいスカーフを巻いていった。
口紅はマリー・クワントのサンドピーチ。
どうにか大人っぽく見せようと頑張った。
だけど、どっからどう見ても私はひどく垢抜けない女の子で、行く前から敗北感でいっぱいだった。


書いてもらった地図で辿り着いた場所は、伊勢佐木町の外れの暗い地域で、会場は地下の殺風景なとこだった。
不安な気持ちで階段を下り、重いドアーを開ける。


真奈美はすぐに私を見つけると「ひゃっほーう!」という感じでおいでおいでした。

ジェニーとか、〇〇君とか、〇〇ちゃんとか。
外国人の名前をたくさん並べられて、それだけでもうくらくら。

部屋の中では大音量で Rod Stewart がかかっていて
たくさんの人がすごくノって踊っていた。

何を飲んだか食べたかもわからず
真奈美に踊ろうと誘われて、一曲だけ、いやいや踊った。
首に巻いたスカーフが揺れて、悪夢のような時間だった。


帰りたい
帰りたい
帰りたい


考えていたのはただそれだけ。


途中で男の子が声をかけてきて、その思いは一層強くなった。


「真奈美、ごめん、帰るわー!」

「えーー、残念!! またね!」


あっけらかんとした真奈美にバイバイして、あとはもう必死で帰った。
帰りの記憶が飛んでいるけれど、電車とバス二回乗り継いで、1時間半はかけて帰っただろうな。


そんな訳で
私は今でも 踊りが 苦手です。






PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。