いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新しい風

Morris.gif





ここ2週間ほど、自分に関するいろいろなことを考えていました。




それは、私は、「わたしという人間をわかってもらいたい」という強い思いがあるということです。




おそらく、生まれつきの性質や環境から育てにくい子供だっただろうことや、また大人の様々な思惑に巻き込まれ、時として思ってもないことが私の考えとして伝えられていたからだと思います。




「そうじゃないんだ」というジレンマが、長らく私を苦しめていたのかも知れません。




加えて、私は自分の体験が誰かの役に立てば良いとずっと願ってきました。
非常識な子育て漫画で、デフォルメしながらズボラな母を晒し続けた理由もそうですし(そのように提案したのは他ならぬ私ですし)、98年からネット上に自分の生い立ちや子供の頃感じてきた事を公開してきたのもそのような理由からです。




私はもうずっと自分が何かの役に立てればいいと思い続けてきたのです。




今日になってフッと、「わかってもらいたい」「役に立ちたい」は、共に大いなるエゴなんだなあと思いました。





エゴが悪いと言ってる訳ではないんです。
ただ、そこには私のしがみついた思いが何層にも絡まっているんだなーと気づきました。
楽になるはずだと信じていたけれど、実はかえって自分を縛っていたのだと初めてハッキリと見えました。




自分をわかってもらわなくとも良いし
役に立とうとしなくても良い。
それらは、私が決めることではないのだと感じました。




カテゴリー「私の物語」は、先日表に出したばかりの記事ですが、今度は永久にしまおうと思います。




Wikipediaや2チャンネルで、事実と違う事が書かれていたり誹謗中傷を目にするたびに、とても残念に感じていましたが、それも私のエゴです。
傷つくのは、わかってもらいたい執着があったからなのでしょう。




なんだか本当に長い旅でした。






これからは、新しい風の吹く、新たな旅に出ようと思います。




 








PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。