FC2ブログ

いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7月の日記 その1

6/28




今日はもやもや蒸し暑い日。
そしてRの歯医者だ。
6時半からRだが、6時からは相方だった。
待合室で鉢合わせした二人は、照れ臭そうにニッコリし合っていた。





-------------


6/29・30


パラグアイ戦を一人で見る。
いいものを見た。
けど疲れた!!!!!!


7月の予定を改めて見たら、毎日ぎっちり詰まってる。
不安だ。
いつになったら暇になれるんだろう。

ラズはベトナムに行くそうだ。
旅行前はいつにも増して仕事が詰まるはず。
とほほほ。

とにかくひとつひとつ潰すしかない!!!!





-------------


7/1


今回のW.Cで国内の雰囲気がパッと変わった気がする。
全力でぶつかったり、ピュアであったり、仲間を信じる心とか。
ホントに素敵だと思った。
頭でなくて身体で感じた。
日々の暮らしにもタロットにも生かしてゆきたいな。



昨日から母が何回も電話をしてくる。
最近始めた宅配の生協について。
これが美味しいとか、これはいまいちだとか。
他愛もない件で、珍しく聞いていて疲れない。


母の考え方は苦手だが、母の作る料理は好きだ。
味付けも上手だし、とにかく手際がいい。
彼女の無意識の領域が現れているように思う。


あんなにスパルタ尽くしだった母も
料理に関してはな~んも言わなかった。
たぶんノーマークの分野だったんだろう。
なので料理はいつものびのびとやれた。
味はともかくとして私の料理が早いのはそういうおかげがあるのかも。


そんなことを思い出した。





-------------


7/2


自分に足りないと思っていたものは、元々は自分の個性だったものだ。

ないと思ってたそれは、実は一番あったという事かぁ。

という風に
最近は、日々、強い私を発見している。





-------------


7/4


Kに誘われていたユトリロ展。
行ける事になった。
最終日でセーフ。


どんだけ悲惨な人生だったかをパネルで学ぶ。
私は途中でパネルは読まなくなった。
監禁、絵を描かされる、ばっかりだ。
あぁ、それなのに、長生きしたなんて。



中学の部活で模写をしてから、ずっと大切に思っていたユトリロ。
見るのを楽しみにしていた。



なのに。
実物はどれも心に響かなかった。※1
飾り方なのか。
チョイスなのか。
絵があの場を嫌ってるのか。



Kに言われて最後に見た奥の部屋の、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンも酷かった。
まるでパンダかコアラを見ているようだ。
分厚いガラス窓の向こうでへんな色の壁に3枚並べて飾られていた。
Kと「あれはないよなあ」と言いながら帰ってきた。



それと。
行きのエレベーター待ちの行列ですぐ前に居た男の子。
下の子にしか撫でたり話しかけたりしないお母さんをそばでじぃっとみつめているのが気になってしょうがなかった。
その子がどんなに気遣っても弟の世話をしても、お母さんは知らんぷりだ。



あの子はどんな人生を辿るのかなあ。※2





-------------


※1


とはいっても、漆喰壁は素晴らしかった。
12才の私はあの壁の色を出すのに四苦八苦したが、結局、似ても似つかぬ「白」になってしまった。
ユトリロは、食べた卵の殻とか鳩の糞を混ぜて色を作っていたそうだ。



※2


瞳が綺麗で、物憂げな表情をした子だった。
可愛そうに思ったのではなく、今後たくさんのことにチャレンジする事になるのだろうなぁと感じた。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。