いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6月の日記 その4

6/21


無理するとロクな事はないという見本の様な一日。

週の初めから仕事はすこぶる忙しい。
ラズが「今日は帰りにホタテを持って帰ってね」と。
青森の知人から大きなホタテをたくさん戴いたらしく、新鮮なうちに持って行かせたいらしい。
殻付きだし面倒なのでグズグズ言ってたら「貝の中でこんな楽なのはないよ~、ホタテを大変と言ってたら他の貝はさばけないよ!」
相変わらず魚介に関してひと際熱が入るラズ。

それではと大きな殻付きホタテを四個もらったが、今日はRが6時半から歯医者だった。
歯医者が済んでから慌てて帰ってホタテの貝柱を外す作業にとりかかる。
簡単じゃないじゃん!なかなか外れないじゃん!と、必死で格闘。
その後バターで炒めたりお刺身にしたり部屋の片付けしてたら、相方が遠くの実習先から帰宅。
で、色々あって、相方と久し振りに大喧嘩した。※1


忙しい日は、新鮮なホタテはあきらめて冷凍パスタに頼ろう。
と心に誓いました。



-------------


6/22

嵐は風邪をひいてるかも。
いつもの嵐じゃない。 
やっぱり冷房はダメなんだな。
にしても
練馬は暑い!
練馬は暑い!


湾岸に高層ビルが増えてから気温がぐっと高くなった。
近所に住む小倉智昭さんも同じ事を言っていたので(テレビで)
私の中ではそのせいだと確信しています。


海風が来ないからビル壊して~~。



-------------


6/23


正直に言うと
昨日の日記はあれではないのだ。
小さい頃からの悲しみと怒りが込み上げて(当時は耐えていたので)非常に感情的な日記を書いたのだけど。

私は生きている。
どんな過去であろうと、確かにいま生きている。


それは本当に大きなことだ。


その証しを、歓びを、これからは精一杯表してゆこうと思う。


さて今日は、ヒーリングについてひたすらシンクロする一日でした。


詳しくはまた書きます。


(書いたのがこちら↓)
http://icapo.blog55.fc2.com/blog-entry-526.html




-------------


6/24



千駄ヶ谷の授業2回目。


行きに千駄ヶ谷の改札を出たら目の前に横田ご夫妻がいた。
あの北朝鮮拉致問題の横田めぐみさんのご両親だ。
テレビで拝見するそのままの雰囲気で
どうやら待ち合わせしてるらしく
真っ直ぐに改札内を見つめながら、お二人並んで立っていた。



一瞬ですれ違ったけれど
たくさんの思いが私の中に湧き上がった。



私の抱える苦しみは完全に過去のものだ。
記憶の中に存在するだけだ。

けれどもあのご両親は
今までもこれからも
計り知れない悲しみと苦しみの中で
前を向きながら生きていくのだな。



自分の甘さをつくづくと感じた。



-------------


6/25


昨日からの続き


昨日の授業で、タロットの事をホントわかってないんだなあとまた思った。
クラスメイトの名前を覚えただけで、一人一人の顔も性格も知らないという感じだ。



ラズが浪人生の時に住んでいたアパートは、タロット教室が入ってる建物のお隣りだった。(建て替えて今はマンション)


夜中は3時前に目が覚めてしまい、デンマーク戦を一人で見る。
スポーツは見るのもやるのも嫌いだったけれど、初めて、見ていて涙が出た。



日中はSの三者面談。
暑かった。


夕方、エッセイ本の表紙を見せてもらう。
いい感じだ。



相方は今日から一泊で職場旅行。
大きな人がいないので、アパートの中が広く感じる。


今宵はのびのびしようと思ってたのに、またまた微熱っぽい。
色々な事が一気に起こってるからだなぁ。



-------------


6/26


3人と2匹で静かに過ごす。


夕方、相方が帰ってくる。



-------------


6/27


ラズもばおワークを受けてみたいらしい。


こういうのをひっくるめて相方は
「パチ君(ラズの愛称)はいかぽ教の信者だ!」
と以前から言っている。

たしかに。
私が何を言ってもバカ受けしている。
「そんな面白いかぁ?」とKもよく言ってる。
私もそう思うよ。
そんなに面白くねーし。
はんにゃの金田風。



いかぽ教ならばもう少し言う事を聞いてね。
アジアで話を描くのはいい加減にしなさい。
2チャンネラーの皆様も御立腹を通り越してあきれているよ。



ドイツとか、スコットランドやアイルランドに行けばいいのに。※2
僕だって行きたいんだぁーー!!と抵抗するけれど
その気があれば、どんなことしたって行けるんだよ♪
腹を括るべし。ラズ。



-------------


※1 踏ん張りの効かない私は疲れると途端にイライラしてしまう。相方もおんなじ。従って喧嘩。未熟だ。


※2 ケルトのママはスコットランド出身だった。ラズの代わりに私が行きたいけれど、お酒が呑めないので意味なーい。









PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。