いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シズコさん

シズコさんシズコさん
(2008/04)
佐野 洋子

商品詳細を見る




去年だったかおととしだったか
友人が
「いかぽ、読み終わった本なんだけど、あげるよ~」と、プレゼントしてくれた。
そしてあらすじを簡単に話してくれた。




佐野洋子が自分の母親をゆるせなくて、最後は老人ホームへ入れたこと。

それについて佐野は後々まで苦しんだこと。

母に触れるのもいやだと書いてあったこと。




それを聞いた時、読んでみようかなーと思ったんだけど
実際に手元に届くと「こりゃ読めん!」と
結局は手をつけずに処分してしまった。(M、ごめん)
だけど今頃になって再び、読んでみようかなあと思っている。




私は自分で思っている以上に、何重にも心を覆ってきたらしい。
剥いても剥いても、本音は現われてこない。




私の記憶の中では
母の目は私の失敗を探す眼。
口は私を日々ののしる口であった。
そして手は
何度も、何度も、私のからだに傷をつける手であったのだ。




それでも私は
優しい瞬間の母を紡ぎ合せて
「おかあさん、ありがとう」と、口でも心でも繰り返し唱えてきた。




けれども、やはり、そうじゃあないでしょう?と、もう一人の私が叫ぶ。




そこを誤魔化したら何かが狂ってしまう。
そこを見つめなければ大事なものを失ってしまう。
奥の方に光を当てたい。




まずはそこからだ。
憎むのでなく非難するのではなく。





私が母を慕うことが出来ないのは
健全なことなんだよ、と、
新しい自分に伝えてあげたい。













PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ゆかごんさん

文字、むずかしいよね~。


私、絵文字なしで単調に書くから余計心配だよね^^


うん。
明日はしっかり母とぶつかり稽古してくるよ~。
たった二人の家族なんだからもっと仲良くやりゃいいのにともうひとりの自分は言ってます。いひひ。


他人だったらあっと言う間に離れてしまう相手を家族に選んだのかな。
そう思うと大事な相手なんだよね。


これからも試行錯誤しながら進もうね~^^

いかぽ | URL | 2010-03-10(Wed)22:16 [編集]


ホッと一安心
文字だけって難しいんですよね

いかぽさん、おかあさまとのサシ対決(違うっしょ~)頑張ってきてくださいね
多分またたくさん傷ついて帰ってくるのかもしれないけど、きっとそれでもまたおかあさまの所へ行っちゃうんですよね
親子ってなんでしょね

ゆかごん | URL | 2010-03-10(Wed)19:05 [編集]


ゆかごんさん

わぁ、心配しないでね。
すんごくお気楽に楽しくお返事しています


ゆかごんさんは本音を出させやすいタイプ。
まさしくそうですね~。
そういう場づくりもしますよね。

相手に共感し、相手から信じてもらい、救いをあげられる。。。
なんて素敵なんでしょう。

同じ場所に立って同じ人間として一緒に考えてもらうことは、とても大きな癒しになるんだな~と最近思っています。


百の素晴らしいアドバイスより
たった一度の、一緒にお茶飲んで馬鹿話する方が生きる希望が湧く場合が多々あるんだよね~。

ゆかごんさんにはそういう大きな癒しの力を感じる私です。

あさっては私が母と会う日です。
ぎゃぎゃ~  

いかぽ | URL | 2010-03-10(Wed)01:03 [編集]


いかぽさ~ん
もしかして私のせいでイヤな思いとぶち当たってしまっていたらごめんなさいね

でもいかぽさんのおっしゃること、なんかわかります…って言うか思いあたるふしがアリアリです。
本音を吐き出させやすいタイプだと思ってるし、一緒にいるとラクとかよく言われたり。
私のすべきことってそういうことなのか~って思えました。
そこまで無くてもいーよっていう人生経験は相手に共感し相手が私を信じ、救いをあげられるようになるためなのかしらと考えました。

でもね、今日もまた母と弟の病院でぶつかって来たんですよ~

ゆかごん | URL | 2010-03-10(Wed)00:13 [編集]


ゆかごんさん

ゆかごんさん、コメントありがとうv-238


わはは。
車の中で悪態は便利、便利。
なあに、聞こえないとこで発散するなんてとっても良い子だと思います^^


>母の悲しみは計りきれないのだと考えました。


これなんですよね~。
ゆかごんさんは理解してちゃんと受けとめるのね。
お母さんもきっとゆかごんさんには甘えられるんでしょうね。


最近あらためて思ってるのですけど
心の奥にある「見ないようにしてきたもの」を出す作業がとっても大変で大事かなって。
それさえ出せればもう怖いもんなし。
でも自分では引きずり出さないんだよね、見たくないから^^


きっとゆかごんさんはひとのそういう部分を揺らして引きずり出すお手伝いをしてるんじゃないかなーと我輩は思った次第であります!(ケロロ軍曹風)

いかぽ | URL | 2010-03-09(Tue)12:06 [編集]


おおお…

まさに昨日家で仏壇のおばあちゃんに向かって、前を走る母の車に向かって自分の車の中で悪態つきまくりました
自分勝手末っ子気質お願いしてる立場のくせに命令形の言葉遣い根性悪マイナスしか見つけられないやつ金カネかね金しかアタマにないから金が欲しい状況にしかならないやつ自分が一番大変と思ってるやつ
などなど、おっきい声で叫びまくりました。
ちょっと自分に跳ね返ってるかもとか思いながら。
でも弟が亡くなるのがもしかしたらそう遠くはないかもしれない今、母の悲しみは計りきれないのだと考えました。
そしていかぽさんのブログにまた心のリンク先を発見
己はと、問われた感じです

ゆかごん | URL | 2010-03-08(Mon)20:24 [編集]


タコたん

タコたん、綺麗なピンク文字ありがとう。


うん。
他人だったらもっとシンプルだったよね。


>そいう関係の深い相手だからこそ癒せない思いがあるよね


うん^^
これは本当にね、経験は尊いというけれど
やってみるととても苦しいよね。


母をゆるせれば
世界中の人みんな愛せるように思います(笑)
そしてその大きな愛が自分の内には眠っていると思います^^
(開花できるかどうかは別として。。。)


ありがとうね。

いかぽ | URL | 2010-03-08(Mon)13:06 [編集]


No title

愛しているから許せない自分が悲しくって
苦しくって、もがくんだよね

いっそ他人ならすぱーんと関係を切って
ばかやろーっと罵ることもできるけど・・

そいう関係の深い相手だからこそ癒せない思いがあるよね

自分の中にある醜い感情も見ずにすごせたらと過ごしてきた時間が長いほど
それを見つめる作業は苦しいだろうけど、ただそこに
そういう感情があったと淡々と見るだけでいいと思う

自分を非難したり、判断したり・・はいらないよね

いかぽさんの中にある思いは全部OKです

タコたん | URL | 2010-03-08(Mon)10:02 [編集]


あおさん

あっ、肝腎なこと書き忘れました。

うん
私たちは今まで一度だって思いきり憎んだり思いきり批難したりしてこなかったんだよね。
いつもどこかで自分に無理を強いて親を庇ってきた。
でも庇える出来事じゃないんだ。
そこをきちんと認識しなおそうと思うよ
憎みたくもないし庇いたくもないよ。

戦争と同じ。
あってはならないことだよね。


気づかせてくれてありがとうね。


いかぽ | URL | 2010-03-08(Mon)01:32 [編集]


あおさん

ばんにゃです♪
コメントありがとう。



>だって、何よりもそれを自分たちにしちゃいけないと
ずっと言い聞かせて我慢させてきたのだから。
自分がおかしくなってしまう程にね。



そこなんだよね。
その時に我慢しすぎて、いまだにねじれているんだね~。



最近ね、虐待によって亡くなる子が報道されるたびに
この子が生きていたら将来親を赦せるのかなー?って思っちゃうの。



母に、可愛がってもらった、必死で育ててもらったのもわかるつもり。
でもやっぱり、絶対やっちゃいけなかったことをしたなーと思う。
それと、周りがそうさせたなあと。
父はもちろんのこと、母の姉妹の無理解さとか。
人間生活のさまざまな側面をブレンドして虐待は起こるんだよね~。
だけど母は何故そういう自分と向き合えなかったんだろうと思うの。


でも書きながら思ったのだけど
向き合えない人から生まれて、色々学びたかったんだろうね。
ちょっと無理があったケド。。。




>その解放の後に、元々傷ついてなんかいなかった自分を
見つけられるかも知れない。
苦しみぬいてきた自分を愛しく見守ってきていた(今もね)
本当の自分に出会いたいね・・・^^


そうだね。
生きてる間に出会いたいね!!
きっとめちゃ強いだろう^^
そしたら祝杯をあげようぜー。

いかぽ | URL | 2010-03-07(Sun)23:10 [編集]


No title

ばんにゃ♪

思いっきり憎んでいいんじゃないかなぁ?
思いっきり批難もしちゃっていいんじゃないかなぁ?
それをしないと、先に行けない気がするの。
だって、何よりもそれを自分たちにしちゃいけないと
ずっと言い聞かせて我慢させてきたのだから。
自分がおかしくなってしまう程にね。
だから先ずはそこをその我慢を解放させて
あげないと・・・と思います。
だって、苦しいんだもん。

その解放の後に、元々傷ついてなんかいなかった自分を
見つけられるかも知れない。
苦しみぬいてきた自分を愛しく見守ってきていた(今もね)
本当の自分に出会いたいね・・・^^

あお | URL | 2010-03-07(Sun)19:57 [編集]


響さん

ありがとう、こういうテーマで語り合うことはとても勉強になります。


>そのことにフォーカスして不幸だと思ったこともあったけど
この年になればわかる。
親だって苦しみながら生きてきてるんだね。

>その中で、親が自分の子どもに精一杯愛情を表現した事が
私たちの持つ 子供の頃のいい思い出になってるんだね。感謝だよね。


そうだよね~。
私もそう理解したつもりで、父にも母にも感謝してたのだけど
実は、根深く不信感や怒りや悲しみが残っていたのです。
感謝しようとすると、そのあとで、今の家族の前で暴れたり泣いたりするの。
私の場合は、まだまだ感謝できるポイントに辿り着いてないなあ。


以前或る人に
母に心から感謝ができないと話した時
「殺されなかったことに感謝しなくちゃ」と言われたの。
その人は仕事柄、親の暴力によって命を奪われた子供たちをみてきたの。
「殺されることと殺されないことの違いは大きいんだよ」と。
その時は素直に「生きててよかった、ありがとう!」と思ったよ(笑)
でも、そこから先になかなか行けない。
被害者意識から抜けてないんだね。


私の場合はお出かけやお誕生会など楽しいイベントをしてくれたあとはもれなく暴力が延々と続いたので
よい思い出といやな思い出がセットになっててややこしいんだ。
そういうのも感謝しづらい一因。



母の事を全く恨むことなしに理解できれば
人間の事を深く理解できると思っているんだ。
あきらめずに進むよ。


佐野さんの事は本を読んでみないことには詳しいことはわからないなー。
記事に書いておきながら無責任、ごめん!!

いかぽ | URL | 2010-03-06(Sat)14:25 [編集]


No title

2度目のコメント失礼しまーす。

ああそうか。
絵本「100万回生きたネコ」の佐野洋子さんなのですね。

中身を読みたくないってのは、
お母さんを老人ホームに入れたことを後悔してるようだけど 
私は 『別にいいんじゃない』って思うから。
これを読んだ人が 親を老人ホームに入れることが『悪』と認識するとイヤだなーと思ったの。
行動としては『悪』にはならないよね。
作者の気にしているのは『動機』やそのときの想いだってことなんだろうけど。

『世の中の被虐待児たち』
うん。私はこういう人生を歩んでいる人たちに敬意を感じます。
楽ではない人生を選んで生まれてきて何かを学ぼうとしている魂でしょ。
命の”アキレス腱”が強いのかなって思うな。

私は離婚ができずにいる両親の冷戦の中で生活してた時期もあり、
父が家を出て行ってからの時期もあった。

そのことにフォーカスして不幸だと思ったこともあったけど
この年になればわかる。
親だって苦しみながら生きてきてるんだね。

その中で、親が自分の子どもに精一杯愛情を表現した事が
私たちの持つ 子供の頃のいい思い出になってるんだね。感謝だよね。

響 | URL | 2010-03-06(Sat)12:02 [編集]


響さん

おぉ響さん、コメントありがとう。

うん!印象的な絵だよねえ。
絵本「100万回生きたネコ」の佐野洋子さんだよ。


私はね
世の中の被虐待児たちがどんどん表現するようになればいいなあと思っています。
そして何故そんな馬鹿げた事が次々に起こるのか、皆で考えられたらいいなあと思うの。
私もそういう絵本をつくろうと試みましたがその時はやめました。


戦争体験者しか語れない尊い物語があるように
被虐待児しか語れない尊い世界があるんだ。


長野時代の私は野性的でかっこいいよ~(笑)

いかぽ | URL | 2010-03-06(Sat)00:30 [編集]


No title

こんばんはー。

本ってのも、出会いだと思うよね。
シズコさんって本、表紙を見てると、
読みたくはないけど 表紙の絵が印象に残りそう。

本の話題よりもサー、コメント欄にある長野在住時代のいかぽさんのお話を聞いてみたい♪
なんて思いました♪

響 | URL | 2010-03-05(Fri)22:51 [編集]


kirariさん

kirariさん、コメントありがとうございます、嬉しいです^^


私、ずうっと、スタートラインがずれてたのかもしれません。
だから無理を積み重ねてたのかもなあ。
今年は「被害者」の自分と訣別しようと思います。



ところでね、私、18才の時、実家がいやで逃げ出して
善光寺の宿坊の裏のアパートに2年間住んだんですよ。
全く知らない土地なのに何故か「ここだ!」と思ったんです。


その2年の間に
山菜を採ったり、野沢菜洗ったり(水が冷たい!)、県内のいろんな温泉に行ったり、新潟で海水浴したり、本当にいろんなことをしました。
あの2年でとても心が健康になったと思っているの。
素晴らしい時間でした。


だから、長野県は私にとって「あったかいおかあさん」みたいな存在なんです。

いかぽ | URL | 2010-03-04(Thu)22:03 [編集]


なんか・・・

心がキュンとして涙が…


そうだね、それが健全なんだよ。
それでいいんですよ^^
感じたままで。


ううう…仕事中だけど泣けてくるぞ

kirari | URL | 2010-03-04(Thu)10:10 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。