いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

碧(みどり)

-------------


絹糸のような雨がふる。
碧は今、何処に住み、何をしているのだろうーー。
こんな日に、やっぱり碧のことを想いだしてしまう。



腕を組み楽しげに語らう若い男女や、子供みたいにはしゃいでる女の子のグループ。
暮れなずむ黄昏の街に見かける光景だ。
「いいねーー、若いって明るくて自由で、私も、もう一度やってみたいな、あんなのーー」
私は碧に声をかけた。
「とんでもない!あの連中のどこが明るいっていうの、頭の天辺から爪の先まで、真蒼孤独で、みんな演じているだけじゃん」
二十歳そこそこの娘にしては、ひどく乱暴だけど、ま、これも碧らしい。
「ふーん、そんなもんなのーー」


私は暮色濃い街に、再び目を向けた。
碧は八歳年下の友人である。
もちろん、私には家庭も子供もあるのだがーー。


碧との出逢いは、塾の生徒を一日中募集して歩く、冬場のアルバイト先だった。
碧は私と同じアルバイトにきていたが、初めの頃は私にとって碧は苦手な相手だった。
彼女はバーバリーのコートを洗濯機で丸洗いし、皺だらけのものを羽織っており、煙草をふかしながら歩くのだった。
それが、やけに様になっていたから、やりきれなかった。


私は、意識して彼女との行動を避けてきた。
やがて一ヶ月が過ぎ、私は家庭の事情でアルバイトをやめることになった。
アルバイト最後の日、せめて精一杯前向きに仕事をしようと張り切った。
その日も絹糸のような雨が朝からふっていた。
交差点を渡りかけた時、「ねェ、ちょっとポストまでつき合ってよ」と、聞き覚えのある声である。
振り向くと碧が有無を言わさぬ眼差しで私を見ていた。
確か、彼女のテリトリーは、私とは正反対のはずなのだがーー。
疑いとは裏腹に、私は妙に上気した声でつき合うことを返事した。


彼女は足早に歩いて行く。
しかし、どこにもポストは見当たらなかった。
彼女にもポストを捜す意志はみとめられなかった。


やがて、とある喫茶店に着くと、碧は肩でドアーを押して入った。
観葉植物がやけに多い喫茶店である。
碧と私は前にアメリカンを置いて向いあった。
大きなカップの底が白く見える頃、碧が私にことのほか興味を持っていることが分かった。
碧にいわせると、私が家庭の主婦でありながら、どこか世間ずれせず幼児性を残していることから、らしかった。


自分の過去を振り返ってみると、それも肯ける。
存在を拒否し続けの連続だったし、あらゆる摩擦を避けてきた。
それは怯懦で曖昧な生きざまだと詰(なじ)られても仕方のないものだった。
碧は、そうした人間の内面を鋭く窺い見抜くことができるようだった。


その日、碧の口からは何度も"若者の文化"という言葉がとび出した。
彼女にいわすと、私が生きてきた時代には、学生運動もビートルズもあったじゃあないかーー。
そんな時代に私が、世の中の風潮に何もかかわらず、流されて生きてきたことが碧を苛立たせているようだった。
自分だったら、ヘルメットぐらいはかぶったといいたげだった。
これからの時代、燃えられる若者の文化は、もうないのだーーと碧はいう。
私は意地悪く「でも結婚があるじゃあないの」といった。

「やめてよ!!」
碧は顔をそむけ口元を歪め、不潔な言葉を聞いた時のような不快な顔をした。



従順で逆らうことのない、弱い動物に十分な愛を注ぎ、自分の身を削ってでもーーと思うのだが、愛と葛藤の世界の素晴らしいことも知りながら、二人はその葛藤の世界を避けて生きてきすぎたように思える。
人が人を愛し続けねばならぬというのは、愛の全くない世界と同じように過酷なことかも知れぬ。
私には、自分の中につくられた空洞を、どうして埋めて行けばよいのかわからない。


こうして、八時間あまりの間に、アメリカン二杯で浸出された二人の心の内は、形こそ違え全く同じ色彩のものだった。


店を出ると外はすっかり暗がりの世界であった。
碧は私と別れたあとの時を埋めるべく、電話ボックスにスルリと身をかくした。


その後、碧と私は一年程しっかりと付き合うことになった。
同じ色をした二つのガラスの破片(かけら)は、会う度に溶け合い、やがて透明なクリスタル状となった。
すっかり溶け合ってしまうと、そこから新しく生まれるものもなく、再び無気力の世界だけが残された。
それに二人が気付き、どの世界にもないクリスタルを、お互いの形見として離別した。


それから一年が過ぎた。


絹糸のような雨の中に佇んで、交差点の信号をぼんやり眺めていた。
そんな時、ふと碧に声をかけられてみたいものだと思った。


クリスタルを壊してしまえば、出合いの前に戻れるかも知れないーーと。




男のように強がり

猫のように撓(しな)やかで傷つきやすい"碧"

今日も絹糸のような雨がふり続く

空ろな空洞を埋めることのない

灰色の雨がーー。






-------------


これは日記に時々書いている「三島のおねえさん」が或る雑誌に投稿したものです。
1985年の雑誌です。
掲載されて数年経ってから、私の元に郵送してくださいました。

「碧」という女性は、私のこと。

生意気でトゲトゲしていて傲慢。
読むだに恥ずかしい、二十歳の私が生々しく描かれています。

ここに記されている通り
十代の終わり頃から私は
迷いに迷って、迷走、暴走して
軌道修正もままならぬ酷い日々を送っていました。

走り続けていればどこかに衝突して
突然この生は終わってくれるだろう、
早く終わらせたいものだと思っていました。


ところが
いまだにこうして続いている。
人生とは本当に不思議なものです。


三島のおねえさんがいなかったら
私はここには辿り着けなかった、
いま居る場所へと歩いて来れなかったと
つくづくと感じています。


三島のおねえさんについては
別の機会にゆっくりと書こうと思います。
















PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

chu-chuちゃん

強がるのは弱いからなんだよねぇ。殻を固くしておくの。

でも破られるのも時間の問題だよねぇ。

可愛いかぁ~!
ありがとう
予定では30才前に消えるつもりだったので、なんも考えてなかったんだ~。
なんだかすごく長生きしている気がするよ。


chu-chuちゃんは可愛い!!
ってか、とにかく美人!!!
その一言に尽きるなり。

いかぽ | URL | 2009-04-15(Wed)00:13 [編集]


響さん

ありがとう。
出した甲斐がありました(泣)

いかぽ | URL | 2009-04-14(Tue)23:59 [編集]


>男のように強がり

おんなじ(笑)

今だに、強がりな私。
だんだんそれが自分だと思っちゃってねぇ。

強がっていないと、壊れちゃいそうだったのかな?私たち。
自分を守るのに必死だったんだよね。
三島のおねえさんに出会えて良かったね!!


でもさ。。。
私もいかぽちゃんも、可愛いとこあるよね(笑)
、、、、多分、、、きっと、、、どこかに ハハハ
自分には 観えないだけで。

いかぽちゃんは、可愛いよぉーーーー

   サア・・・・ワタシ ニモ イッテクレ

chu-chu | URL | 2009-04-14(Tue)23:11 [編集]


いかぽさんっておもろいなー。

響 | URL | 2009-04-14(Tue)21:35 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。