いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

天使の祝福カード

天使の祝福カード―天使があなたに必要なメッセージを伝えます


KIMBERLY MAROONEY





天使の祝福カード―天使があなたに必要なメッセージを伝えます天使の祝福カード―天使があなたに必要なメッセージを伝えます
(2005/10)
KIMBERLY MAROONEY

商品詳細を見る





おととしのGWに入手したカード。


買った時以来、3枚法以外はひいてなかったので


2年ぶりにちゃんとひいてみた。


前回は「神の計画」


今回は「ラファエルのヒーリング」





44枚もあるというのに


ナサニエル


ファヌエル


メタトロン


ガーディアンエンジェル


ラジエル


が、前回と重なっていた。



いつものメンバーみたいな感じ?



何で彼らが登場するのか、2年前よりはわかる、つもり。





私は「学ぶ人」だ。


でも、あんましイイ生徒ではない。


自ら付けた傷を癒しながらの学びなので


自分でも嫌になるほど、不器用だ。














スポンサーサイト

PageTop

春夜

銀のきもののすそをひいて腕も背なかも裸のをんなのひとがピストルをうつた  




くろい箱のなかから鳩が一羽とびだしてをんなのひとの肩にとまつた




をんなのひとが肩をゆすぶると鳩はばたばたととびおりてフットライトのあたりをさびしげにあるいた




をんなのひとはみぞおちからももいろの手巾(ハンケチ)をつまみだしてコップにさしはさんだ




をんなのひとはそれから花みちにでてきてしゃがんで客席をのぞきこんだ




そこに子供のぼくがすわつてた




をんなのひとはぼくに舞台にあがつてこのコップをもつててくれといつた




ぼくはこわくて身をちぢめてゐたがをんなのひとはわらひながら腕をのばしてぼくを花みちへだきあげた




をんなのひとのからだはふんわりしててあまたるひにほひがした













中村胖  「今いづこ」 より










PageTop

蒲公英


ラムプが消える




白い笠がのこる





ああ きぬぎぬ

















中村胖  「今いづこ」 より







PageTop

四月

さくら
眠たく



噴水(ふきあげ)
けだるく



白孔雀
うつつなき



わがうれひ
たゆたふか



おもひでや
うすれゆき



人遠く
ほほけたる



来し方は
うたかたと



消えけるよ
過失(あやまち)に



風立ちぬ
踵より



寺の庭
かげろひて



石の獅子
紫に












中村胖  「今いづこ」 より














PageTop

笑う春


山笑う


花笑う


禽(とり)笑う


私は箸がころがっても笑う


笑う春


春風が私をくすぐる


くすぐったくて


くすぐったくて


げんげ田にひっくりかえって  


私は笑う


くすぐったくて


くすぐったくて


げんげ田ごろごろ笑いころげて


またひっくりかえって


お腹でこぼこ私は笑う


笑う春










-----タンポポじいさん(中村胖)-----






PageTop

たんぽぽじいさんからの手紙   

21.jpg



ヘンな老人が書いた ヘンなものをお目にとめていただいて はずかしいやら うれしいやら。

ありがとう、ありがとう。

あなたの明るい ほがらかなおテガミ とても面白くて 三ベン くりかえして読みました。

それから おテガミの中に 四っ葉のクローバがはいていたので 胸がドキドキ。(ボクは 若いぞ 若いぞ)

あなたのお顔のマンガも書いてある。マンガがうまいんだなあ。

勉強したり 恋をしたり 詩を書いたり マンガ書いたり ガンバレ 由香ちゃん!




ヘンジが短くて すみません。

この紙 逆さに書いちゃったナ。(ボクは若いぞ 若いぞ)





六月十九日   桜桃忌       タンポポじいさん


森下由香様




「哀哀(あいあい)」は悲しい題ではありません。

「もののあわれ」の「あわれ」ぐらいの感じ。

「麥」へ「そば」とルビをふったのは 編集部のまちがい。

誰が読んでも「むぎ」だよな。








-------------


一通目の手紙です。


私の記憶はだいぶあいまいだった。
最初の手紙は方眼紙に書かれていて右隅を虫ピンで留めてありました。


たんぽぽじいさんの命日は四月五日でした。
この季節に、こうして手紙や詩集と再会した事も、けして偶然ではないのでしょう。


私はたしか「そばが青々と生えている情景が浮かびます」と書いたような気がします。
誰が読んでも「むぎ」だよな。


時々、おじいさんの手紙や詩をご紹介してゆこうと思います。








PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。