いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

館山 あれこれ

毎夏に訪れる、千葉県の館山。




P1000285.jpg

到着すると、空に、真っ直ぐな虹が出ていました。






P1000308.jpg

夕暮れの館山湾







P1000302.jpg

安房神社。阿波の忌部族が造った神社です。
毎年、必ず、ここへお参り。






P1000304.jpg

安房神社は、その昔阿波からやってきた天富命が、祖父の天太玉命を奉りました。






P1000305.jpg

八月十日の例大祭。
今年は若い氏子がたくさん帰郷して、賑やかでした。






P1000314.jpg

遠くに見えるのが洲崎神社。
こちらには、天富命が、祖母の天比理乃暑N命を奉りました。








P1000315.jpg

遠景です。
神社の後ろの山も神域です。








P1000313.jpg


こちらは洲崎神社の先の海岸に在る陰石。
数年前まではちゃんと海の中にいらっしゃいました。
氏子一同で陸に上げた様です。
暑さで干上がっています。
なんだかかわいそう~。






P1000311.jpg

毎年、お花を供えます。
今年はお香も焚きました。





おしまい!

















スポンサーサイト

PageTop

DEATH



先程、長々と書いた記事を間違って消してしまいました。
同じように書く気力がないので、新たにとても短くまとめます。
こんなことは初めてで、落ち込んでしまいました。
けれども、死と再生のカード「DEATH」にぴったりな出来事なので、良しとしましょう。





金曜日はタロットの授業日でした。

今回は #13 DEATH

私が特に好きなカードの一枚です。

毎回、アテュのそれぞれのカードのパスワーキングをするのですが
(パス=カバラの径)
DEATHのパスワーキングには とても励まされ 、目を開かせていただきました。


私の癖として

役目を全うする、という考えに執着している。

新しいものを生み出さなければ、というプレッシャー。

結果を早く出そうとする。

注意散漫。

興味本意ですぐ動く。

自分に合わないと思ったものは完全に切り捨ててしまう。

というものがあるのですが
それらに対する警告がことごとく出ていて、とても納得しました。



また
パスワーキングだけでなく
DEATHの授業の内容も、いつにも増して、深く心に響きました。

ここにまとめるほど自分のなかに取り込んでいないのですが
ひとつだけ記しておきます。




人生のなかの厳しい体験(夜の門)は
やがて新しい人生の再生への腐葉土となる。




この一言に出会えただけでも
今まで生きてきた甲斐があったなぁとしみじみと感じました。

我ながらトラウマの多さにウンザリして
訳もなく泣いたり、行き場のない怒りに振り回される日々でした。

とりわけこの夏は心身共にしんどい季節でしたが
秋からはまた、心新たに進んで行こうと思います。








PageTop

音の星

夏休みの昼下がり

畳んだ布団によっかかりながら、下の娘がしみじみと言った。





「地球は音の星だねぇ」





「音?」




「うん。  鳥の声、蝉の声、飛行機の音、車の音、テレビの音、ゲームの音。  いろんな音がするよ~」






「そうかぁ。  ほんとだ、音の星だねぇ」






それからは


なんだか宇宙の中でフワフワ浮かんでいるような気がする午後だった。














PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。