いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マグダラの書

マグダラの書―ホルスの錬金術とイシスの性魔術マグダラの書―ホルスの錬金術とイシスの性魔術
(2006/06)
トム ケニオンジュディ シオン

商品詳細を見る




この本とは
去年の7月に出会いました。
新年からイシスの流れが続いていたので
「イシス」の言葉に惹かれて
予約注文したのです。

手元に届いた
「マグダラの書」は
不思議な存在感を放っていて
とても大事なもののように感じました。

この本と向き合うことは
儀式のようにも感じました。

早速ひとりきりの時間をつくって
誰もいない部屋の中で
そっとページをめくりました。

そして私は
少し読んでは泣き
ところどころは本を置いて泣き崩れました。

「マグダラの書」のなかには
私の痛みの
ほとんど全てが入っていたのです。

生きづらさと苦しみの中で
前を向こうと奮闘してきた自分を
今までになく愛おしいと思いました。

もう生きていたくないと
何かに訴えて続けていた幼い頃の自分を
今までになく誇らしいと思いました。

それらの傷は神聖なプロセスだったのだと
やっとわかったのです。

暗闇のなかで途方に暮れている女の子たち
傷だらけの女の子を心の奥に抱えている女たち
この本は
そんな、たくさんの女性に呼びかけています。

そして
男性にも。

苦しみの時代は終わりました。
封じていた女性性を解き放ち
新しい扉を開けましょう。

ご自身の物語を加えて下さったジュデイ・シオン
トム・ケニオン
翻訳して下さった鈴木里美さん
発行して下さったナチュラルスピリット
そして
イシス
マグダラのマリアに
心からの愛と感謝を捧げます。

私たちにどうかたくさんの祝福がもたらされますように。




スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。