いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熊野  玉ちゃんの旅   その4

本宮を出た後は
とっても気になってた玉置神社へ。


ここの御祭神の一柱はクニトコタチノミコトです。


Nちゃんが旅のお供に日本の神様カードを持ってきたのですが
Nちゃんが何度引いても国常立尊が出てくるのです。
しまいには持っていた束から一枚だけペロンと滑りおちたりするので
「はいはい、玉置に行きますからね~」と答えていたのでした。



玉置神社へ道程は遠くて険しい。
時折ガードレールもなくなる断崖絶壁の道をくねくねと登ります。

こわいー。
クニトコタチの神様、呼んだからには守ってね~。

Nちゃんは一貫して安定したハンドルさばき
Oちゃんは大丈夫♪と楽しそうに笑っていました。



068.jpg


到着!


067.jpg


高いです。


058.jpg


向こうに見えるは古い建物。


060_20090303201801.jpg


屋根にも玉が。
6つめ♪



056.jpg


境内の杉の祠に卵のお供えが。
7つめ♪


066.jpg



また来ます。
さようなら~。



071.jpg


帰り道に偶然出会った、湯谷大龍神神水。


070_20090303202352.jpg

そのすぐ近くにある、亀岩白龍大権現。
岩好きの私はもちろん抱きついてきました。
玉8つめ♪


074.jpg

渡瀬温泉でお昼御飯を食べてから
白浜駅でお友達とお別れしました。

ありがとう、また遊んで下さいね~!



スペシャルサンクス その1

012_20090305215030.jpg

行きの飛行機で見た虹の輪。
雲の上に小さく映っています。




スペシャルサンクス その2

005.jpg


旅のお伴をしてくれた
六甲のガラス職人バタコちゃん作の勾玉ペンダント。
「イザナギとイザナミ」と勝手に命名しちゃいました。




スペシャルサンクス その3

006.jpg

同じくお伴をしてくれた
しのちゃん作の翡翠と水晶のブレスレッド。
ハートは「いかぽちゃんらしい茶目っけ」なのだそうです。




スペシャルサンクス その4


川湯温泉のお宿で引かせていただいた日本の神様カードは


事代主


アマテラスオオミカミ


玉依姫


の3柱でした。


玉9つめ♪







おしまい






スポンサーサイト

PageTop

熊野  玉ちゃんの旅   その3

車を降りてしばらく歩くと大斎原の鳥居が見えてきました。



044_20090303200137.jpg



3人とも感無量。
なんだかわからないけれど嬉しい。



鳥居に向って歩いて行くと
急に雨雲が消え始めました。
太陽の周りにあった雲もどんどん消えていきます。



すると鳥が集まってきました。
雀の群れ
からす
鳥たちがどんどん大斎原の上空に集まってきます。



そのうちに
四方八方の山から湯気が上がり始めました。
湯気がうねうねと龍のように立ち登ります。
360度、龍の大軍に囲まれました。




043_20090303200117.jpg



鳥たちが思い思いに鳴く中を
「お出迎えありがと~」と手を振りながら木々の中へ向いました。



入口の新しい手水舎には
まあるい玉に「魂」の文字が刻まれた石のオブジェがありました。
よっつめの玉♪



ここから先は杉の木立です。


前日の晩、眠りにつく前にOちゃんは私の喉を触りながら
「ここ(喉)に杉が何本も見える」
と言っていたのです。


その場所に着いた途端
「ゆうべ見えたの、ここに似てる!」


なるほど、杉が何本も生えているのです。






さて
大斎原のなかは
言葉で言い表せないくらい懐かしく温かい場所でした。
3人がかつての境内だった場所へ入ると
太陽が顔を出してきて、まぶしい光を浴びました。


いつの間にか
山鳩もうぐいすも鳴き始めました。



しっくりくる場所を探してみようとそれぞれにうろうろしてみると
3人とも違うエリアに立ちました。



047_20090303200542.jpg


私がしっくり来たのは、川へ下りる小道。


046_20090303200527.jpg


本当に懐かしい。
初めて訪れたというのに、不思議なものです。


048_20090303200634.jpg

愛おしくて、胸がいっぱい。



ここ大斎原は
元々の「熊野本宮」なのですが
明治時代の大水で社殿も木々も流されてしまいました。


今はなんにも無くなってしまったけれど
たくさんの見えない存在たちが
こうしてしっかりと守っているのだなあと感じました。



さてさて
お次は現在の熊野本宮大社へ。



054_20090303200745.jpg




049_20090303200557.jpg



051_20090303200716.jpg




052_20090303200730.jpg

亀石という玉ちゃんがありました。
五つめ♪





つづく








PageTop

熊野  玉ちゃんの旅   その2

NちゃんOちゃんと
新宮のスーパーでオヤツやお酒を買いこみ
お宿の川湯温泉へ。


新宮から本宮への道をゆきます。


暗い暗い
山山山山
川川川川


明石限定ドライバーのNちゃんは
和歌山県も初めて
山道を運転するのも初めてだったにも関わらず
安定したハンドルさばきで
夜の熊野の道をかっ跳んでいました。



トンネルくぐって民宿こぶちさんへいきなり到着!



目の前の川を堰きとめた「仙人風呂」は連日の雨で壊れてしまい中止でした。
再建できなかったのは初めてのことなんだそうです。


お宿のかけ流しの温泉に入って
美味しいお料理を堪能しました。


033.jpg

夕食
手前にめはり寿司






034_20090303195942.jpg

朝食
温泉卵で  玉 3こめ♪






翌朝は弱い雨。
それでも出発時には止んでくれました。



039_20090303195959.jpg


お宿の前の大塔川
水が透き通っています。




040_20090303200015.jpg






さぁ、大斎原へ出発!!






つづく








PageTop

熊野  玉ちゃんの旅   その1

飛行機が1時間以上遅れてしまったので
関西からJRでやってくる二人のお友達との待ち合わせ場所だった
白浜~新宮の特急バスには間に合うはずもなく
お友達には先に新宮まで行っていただくことにしました。




015_20090302215545.jpg

南紀白浜空港から地元バスに乗って白浜駅へ。





特急バスは一日に2本しかないので本日の便はもうおしまい。
新たな待ち合わせ場所の新宮に行くには
「JRくろしおに乗って下さい」だって。
ひーーん。


電車に揺られ、予定外の雄大な海を眺めながら
紀伊半島反対側の新宮まで向かいました。



新宮に到着したのは14時14分。
宿泊地の川湯温泉に向かうバスは新宮発15時55分。
見る時間なさすぎーー。



ということで
急遽レンタカーを借りることになり
地元(明石)専門ドライバーだったNちゃんが運転して下さることになりました。
大感謝です。



三人で訪れた第一弾。
熊野速玉大社




016.jpg


速玉さまということで一つ目めの玉♪









お次はイザナミの墓所。
花の窟神社




026_20090302215645.jpg




022.jpg




028.jpg




025.jpg




020.jpg



手水舎の横に大きなまあるい石が祀られてありました。

二つめの玉♪







つづく









PageTop

ただいま

熊野の旅から先程帰ってきました。


人間のちっぽけなプランなど


次々にぶっ壊され


「現在」に合わせて再構成し直さなければならないという



ハプニング&ミラクルが起こり続ける旅でした。



はぁ~。



宇宙を信頼するってのは、甘っちょろいもんではないなぁ。



おかげさまで


和歌山県内外をお友達の運転する車で走りまくって


アンビリーバボーな山奥にまで行けることになって


思いがけなくたくさんの神秘的な風景に出会いました。






とりあえずは旅ののっけから


乗った飛行機のコックピットのコンピューターが滑走路上で故障し


取り替えるために1時間半ほど飛行機の中に閉じ込められた私です。



ちゃんちゃん。








009_20090302002504.jpg

富士山






014.jpg

富士山のアップ








042.jpg

大斎原







つづく





PageTop

安房  後編

2009年が明けました。






044_20090102195056.jpg

布良崎神社。










045_20090102195111.jpg

海の向こうに富士山が。









046_20090102195132.jpg

駒ヶ崎神社。









047_20090102195152.jpg

天富命は








048_20090102195222.jpg

故郷の阿波を懐かしく思ったのでしょうか。











050_20090102195244.jpg

布良崎海岸。









052_20090102195258.jpg

青木繁の「海の幸」の舞台です。










053_20090102195313.jpg

天比理乃命のお社。洲崎神社。
私をここを「おばあちゃんち」と呼んでいます。
おばあちゃんちから海を見下ろします。










064.jpg

那古海岸からの夕日。









065.jpg

雲も染まっています。










070.jpg

また会いに来ます。
ありがとう。








おしまい








PageTop

安房  前篇

今年の年越しは千葉県の南房総に行ってきました。









007.jpg

まずは安房神社にご挨拶。
阿波忌部の祖、天太玉命を奉っています。
ここを私は「おじいちゃんち」と呼んでいます。








009.jpg

大きなイチョウの木。









010.jpg

こちらはお孫さんの天富命を奉っています。
その昔、天富命が忌部族を率いて、阿波からこの地に上陸したのです。









012.jpg

安房神社の神奈備山からの眺め。










013.jpg

遥か向こうの岬には
天太玉命の妃、天比理乃命のお社があります。









017.jpg

安房神社の年越し。









019.jpg

お焚き火です。









024.jpg

ボーボー。











つづく





PageTop

京都  15日  後編

出町柳のファラフェルガーデンでエルサレムに想いを馳せたあとは






044.jpg

このようなところへ連れていっていただきました。

下鴨神社 摂社 河合神社







045.jpg

素敵。素敵。

いつまでも居たいなぁ。








047.jpg

糺の森へ。








051.jpg

足元も綺麗です。








049.jpg

ピカピカ光る場所。

寝た子(土地)が起きて、輝いていました。








052.jpg

下鴨神社へ。









055.jpg

尾形光琳が描いた梅の木。











056_20090110154409.jpg



こだまとは何かを知らぬが故に
「こだま」で予約してた、おじゃるな私。

京都の駅弁をいただきながら
出会った友人と京都の地を思い
ひと駅、ひと駅、のんびりと帰りました。







おしまい











PageTop

京都  15日  中編

という訳で 鞍馬山へ。








P1000434.jpg

この日から数日間、点検のためケーブルカーは停止だそうです。








P1000435.jpg

お  まい  がーーー。








P1000437.jpg

歩け。歩け。








P1000439.jpg

歩け。歩け。歩け。








P1000442.jpg

どんだけ~!








P1000444.jpg

あんなことや、こんなことがあって、
帰りの電車です。








P1000447.jpg

ただいま!の出町柳駅。
ファラフェルガーデンはイスラエル料理屋です。









P1000446.jpg

お店の中庭。
味も雰囲気も最高です。
もしも願いが叶うなら、通いつめたい!!







つづく







PageTop

京都  15日  前編

二日目だ!
この日も快晴なり。ありがたや。




P1000423.jpg

半日間慣れ親しんだホテルを出ます。








P1000424.jpg

朝の高瀬川~。






P1000426.jpg

朝の鴨川~。






P1000428.jpg

山から下りてくる冷たい風が気持ちいい。
Oさんの前日の完璧なレクチャー通りに、待ち合わせの祇園四条まで歩きます。






P1000429.jpg

出町柳駅。
下賀茂神社を眺めながら、Oさんと朝ロッテリア。
しあわせー。






P1000430.jpg

駅で新たに3人と合流して、いよいよ5人になりました。






P1000432.jpg

鞍馬駅に到着。






P1000431.jpg

早速、天狗。






P1000433.jpg

いざ、鞍馬山へ!










つづく






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。