いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

真奈美とクリスマス!

生まれて初めてディスコというか、ダンスフロアに行ったのは、高3のクリスマスの時期。


私の高校は横浜特有のごちゃまぜ感というか、堅い子もいれば不良もいる曖昧な個性の女子校だったのだけど、真奈美は後者のほうで見た目はすごい不良だった。
髪は茶色でパーマをかけてるし、ピアスに、制服をだらしなく着る。
おまけに身体が大きくて、学校でもひときわ目立っていた。


真奈美は成績が悪くて「お馬鹿だなあ」と思ってると、ピアノを弾かせると巧かったり、合唱コンの指揮が神懸ってたり、バランスの悪い女の子だった。


そんな真奈美と3年の後半に席が隣になって、最初は口もきかなかったけど、実は気が合うことがお互いにわかってきた。
彼女はすごく遊んでる風に見せてたけど、実はファーストキスもまだなんだってこっそりと教えてくれた。


或る時、真奈美が嬉しそうに声をかけてきた。


「ねえねえ、由香ー、〇〇日にさー、クリスマスパーティーがあるんだけど行かない?」

「え? 行きたいけど、、、私、そういうの初めてだからな」

「大丈夫!!ジェニーもいるし、みんな優しいからさー!!」


ジェニーというのは真奈美の一番の仲良しで、アメリカンスクールの女の子。
真奈美は本牧の公園で遊んでいたので、アメリカンスクールの子とか、基地の子とか、私には想像もつかない世界で暮らしている。

「じゃあ、、、行ってみようかな、、、」


格好はラフでいいよ!と言われたけど、ラフもそうじゃないのもわからないので、素肌の上に直接セーターを着てコーラル色の柔らかいスカーフを巻いていった。
口紅はマリー・クワントのサンドピーチ。
どうにか大人っぽく見せようと頑張った。
だけど、どっからどう見ても私はひどく垢抜けない女の子で、行く前から敗北感でいっぱいだった。


書いてもらった地図で辿り着いた場所は、伊勢佐木町の外れの暗い地域で、会場は地下の殺風景なとこだった。
不安な気持ちで階段を下り、重いドアーを開ける。


真奈美はすぐに私を見つけると「ひゃっほーう!」という感じでおいでおいでした。

ジェニーとか、〇〇君とか、〇〇ちゃんとか。
外国人の名前をたくさん並べられて、それだけでもうくらくら。

部屋の中では大音量で Rod Stewart がかかっていて
たくさんの人がすごくノって踊っていた。

何を飲んだか食べたかもわからず
真奈美に踊ろうと誘われて、一曲だけ、いやいや踊った。
首に巻いたスカーフが揺れて、悪夢のような時間だった。


帰りたい
帰りたい
帰りたい


考えていたのはただそれだけ。


途中で男の子が声をかけてきて、その思いは一層強くなった。


「真奈美、ごめん、帰るわー!」

「えーー、残念!! またね!」


あっけらかんとした真奈美にバイバイして、あとはもう必死で帰った。
帰りの記憶が飛んでいるけれど、電車とバス二回乗り継いで、1時間半はかけて帰っただろうな。


そんな訳で
私は今でも 踊りが 苦手です。






スポンサーサイト

PageTop

美樹と横浜  1980

「なんで 出てくのよ!!」


美樹はモロゾフのカウンターで声を荒げた。


モロゾフは横浜駅の地下街の端っこにある小さなお店。
隠れ家みたいな雰囲気が私たちは気に入っていたのだ。



美樹の横顔は怒っている。
いつもこうだ。
彼女とは喧嘩ごしになってしまう。



けれどそういう美樹だって4月から女子美寮に入っている。
自分だって出て行ったじゃないか。



もう横浜はうんざりなんだ、この街の重さが耐えられない、と、私は話し続けた。



「あたし 帰るわ」
しばらくの沈黙の後、美樹は、カウンターに小銭を置いて立ち上がった。


私は急いで目の前の紙ナプキンにメッセージを書いた。


それでも私はヨコハマが一番好きだよ  


「知ってるわ 馬鹿!」


彼女は怒鳴って、店を出て行った。




それから数週間して、私は故郷に別れを告げた。







PageTop

K君とわたし

twitterで突然声をかけてくれたのは、高校生の頃に大好きだったK君。
数十年ぶりに私を見つけてくれた。



若い頃の彼にそっくりな可愛い娘ちゃんの写真も送ってくれた。
はずかしそうに笑ってる目元がよく似ているよ。
楽器を抱えてるところも面影があるよ。



嬉しくなって、昨夜は寝ながら下の娘に話しかけた。



「ねえねえ聞いて!! ママ、昔、すっごく好きだった人がいたんだー」


「ふーん、そう」


「その人、不良だったんだ」


「ええええ!!!!」


急に身を乗り出して聞いてきたので、いろんなことを思い出しながら話しはじめた。





真面目でパッとしない女の子が、不良の男の子に出会って一生懸命恋をした話。
文化祭で初めて会ったこと。
デートの時に、K君が学ランの下に私服を着ていてするっと脱いで着替えたこと。
真っ白いつなぎをくれたこと。
それを着たら母にすごく怒られたこと。
門限を破った時、遠くの私の家まで来て母にあやまってくれたこと。
K君のお母さんはお茶の先生だったこと。
妹さんがクッキーを焼いて渡してくれたこと。
メリークリスマス!って自分で描いた紙に包んで時計をプレゼントしてくれたこと。




K君は私を大切にしてくれたんだ。





「まさか、その人、リーゼント?」


「もちろん!」


「煙草は?」


「吸ってるに決まってるじゃん」


「ひゃーーっ」


「こーんな学ランで、こんな風に歩いて、こんな目つきだったよ」


「ママは?」


「私はおかっぱで黒い髪で真面目だったよー」


「なんか素敵~!! 喧嘩番長みたいだね」


「そうだよー、待ち合わせした時に顔が腫れてた時もあったよ。他の学校の生徒に待ち伏せされて殴られたんだって」



「きゃーー、かっこいーーー!!」




喧嘩番長 は、下の娘が一番好きなゲームなの。





K君はいつのまにか連絡をくれなくなった。
ひさしぶりに電話があって待ち合わせしたけれど
K君は「もう会いたくない」とだけポツンと言った。
地下鉄の階段を下りた殺風景な所で、私はじっと手元の傘を眺めていた。




ずっと「なんでだろう?」と思い続けて、
自分がいやで変えたくて、もがいていたら結局は横浜を出てしまった。



「あれは由香のお母さんがK君に別れてほしいって言ったんだよ。あの子のことを思ってくれるならもう会わないでって頼んだんだよ」
すごく大人になってから、仲良しのAちゃんが教えてくれた。




私とK君が笑って歩いた横浜は、今はもう陰がなくなってキラキラしている。
だけど、こっそり手を繋いで歩いた私達の欠片があちこちに落ちているよ。






あの日のK君に、私に、



ずーっと、ずっと、ありがとう。











PageTop

コピーライター  その1

先日伺ったお話なんだけど、、、あれ、、、実は、、、前の勤め先で聞いたことがあるの。





ファミレスの駐車料金を払ったあと、Wちゃんのママが突然話し始めた。





私、以前に、銀座のデザイン事務所に居たんだけどね、そこで伝えられてる話があったの。ずいぶん昔の話らしいんだけど、、、。
以前、すごく若い女の子が突然事務所に面接に来たんだって。
あんまり若いんでみんなびっくりしちゃって、、、でもその子があまりにも堂々としてたから「まさかなー」とは思ったけど、いつもやるようなちゃんとした面接をしてみたんだって。
そしたら、その子はコピーライターの仕事のことまったく知らなかったって。
みんなシーーンとなっちゃって、、、、もちろん不採用にしたんだけどね。






あ、、、それ、、、私のことだよ。




やっぱり!?
こないだいかぽさんから聞いた時、どっかで聞いた話だなあ?と思ったんだけど思い出せなくって、、、。でもそのあとすぐに思い出したのよ。





29年前。
私が二十歳の頃の話だ。










PageTop

風の歌を聴け

3055のレビュアー、taguchimaruさん http://www.3055.jp/ に触発されて、村上春樹「風の歌を聴け」も読んでみる事にする。
22才の時以来だ。



村上春樹を読んだきっかけは、Sさんが薦めてくれたから。
Sさんはずいぶん昔に国分寺に住んでいた。 
当時彼は近所のジャズ喫茶に通っていたのだけど、店主が信じられないくらい無愛想だったとのこと。
その笑わない主が、作家になる以前の村上春樹だった。 



そんな情報を聞かされながら、何冊も村上春樹を読んだ。
気難しくて我が儘な私が、少しだけほどけてゆく大切な時間。 



あの時も強く感じた。
笑いたくないのに笑う自分。喋りたくないのに喋る自分。




「風の歌を聴け」を読むと、そういう私に気づく。 



今もまた。











PageTop

母が撮った写真

さいごに母はひとりで、空の写真ばかり撮っていたようだ。





RIMG0311_convert_20110208014527.jpg





RIMG0312_convert_20110208014628.jpg





RIMG0314_convert_20110208014801.jpg





RIMG0315_convert_20110208014850.jpg





RIMG0316_convert_20110208014947.jpg








どうして?と聞けたなら、きっと


私はここから見える空が好きなのよ、と答えるだろう。
















PageTop

アルバムから

P1010449.jpg



P1010451.jpg



P1010452.jpg



P1010454.jpg



P1010455.jpg



P1010459.jpg












PageTop

Oくん



夜に突然O君からの電話。
O君は若い頃の同僚だ。
当時彼はADさんで、私は駆け出しの放送作家。
テレビ東京の早朝帯の生番組を一緒にやっていて
年中原稿が遅れて朝にスタジオに駆けつける私を
ニコニコ笑いながら
東京タワーの下で待っていてくれた人だ。



どんなにショボイ番組にぶち当たっても
「がんばろ!がんばろ!」と励まし合っていた。
いい番組をつくるためには
視聴率が悪かろうと予算が少なかろうと
どんな時もどんな人と出会っても腐らず前向きに臨むこと。
彼と私の意見は一致していて
ほんとに楽しく仕事が出来た。



そんな彼も今や社長さん。



5~6年にいっぺんの割で電話が来るけれど
今度の用事はなんじゃらほい。



「あのー、ボク、ひさびさに番組やりましたんで見て下さい」


「うわー、やったの?いつ?」


「これから(放送)です」


「えっ、これから?」


「総合の、ブラタモリです」


「ウラタモリね」


「裏じゃないです、ブラですよー」


「ブラね、はいはい」



という訳で、無事に見ることが出来ました。
ロケ地は二子玉川。
玉電や、昔の玉川高島屋や、多摩川土手のことをやっていた。
玉電は婚約時代の父と母が利用していたそうなので感慨深かった。



丁寧な取材、派手な演出のないのんびりとした空気。
まるで多摩川そのもののような
ゆったりとした時の流れを感じる番組だった。



O君!
よりにもよって二子玉川とは!



ほんと、今週は、摩訶不思議で良い週だなあ~~。




http://www.nhk.or.jp/buratamori/broadcast/






再放送です↓


BS2 10月20日(火) 午後4時45分 ~ 5時30分
「二子玉川」
総合 10月22日(木) 午後4時05分 ~ 4時50分
「二子玉川」













PageTop

柿のおじさんは今年も元気だ

「柿のおじさん」


http://icapo.blog55.fc2.com/blog-entry-187.html



-------------



今年もまた柿の季節がやってきた。




おじさんは忘れてしまっただろうけれど
たぶん、私は、生きている限り忘れない。




おじさんは今でも熱い!



おじさんは一生熱いのだ!









柿のおじさんこと、植物学者・宮脇昭氏



http://www.mbs.jp/jyonetsu/2004/20040425/profile.html



http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/sp/inochi/message3.shtml














PageTop

袴の下

私が二十歳の頃、いろいろと面倒を見て下さったお姉さんは


静岡県三島市のお寺の娘さんだった。


彼女は娘時代のいろんな話をよく聞かせてくれた。


そのうちのひとつのお話。


彼女の実家のお寺では、時々、剣道の練習が行われることがあったそうだ。


彼女が思春期だった或る時、


お寺に三島由紀夫がやってきた。


どういういきさつかは忘れたけれど


女学生だった彼女と三島由紀夫は、お堂で剣道の練習をすることになった。


いざ始まり、向かい合った三島は


股を開きしゃがんで構えたのだが


なんと、袴の下は何も身につけていなくて


彼女は、一瞬、丸見えになったものを目撃したそうだ。




うわあああーーーーっっっ!!!!!!!!





後は頭の中が真っ白になっちゃって、何にも覚えてないよ


背の小さな男だったよ


と、お姉さんは、静かに淡々と話してくれた。


-------------


以来、私は


三島由紀夫と言えば「袴の下はすっぽんぽん♪」


と、連想してしまうのでした。

















PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。