いかぽのしまのしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さよなら、サイレント・ネイビー  地下鉄に乗った同級生


さよなら、サイレント・ネイビー ――地下鉄に乗った同級生さよなら、サイレント・ネイビー ――地下鉄に乗った同級生
(2006/11/16)
伊東 乾

商品詳細を見る



「天の雫」という、私が心の中で時々使う言葉がある。


天の雫は、恩恵だ。


或る時、或る場所、或る人達に、突然落ちる。


それはあらかじめ計画されたものなのか、それとも単に神の気まぐれなのか、私には到底わかるはずも無い。


けれども、そんな私でもハッキリとわかるのは、


雫を浴びた人たちは、時代の大きなうねりの中で、なんらかの重い役目を負ってしまうということだ。


例えばそれは芸術であったり、政治的な活動であったり、様々な方面で現れるが


共通しているのは、役目を負った人たちが遺す「何か」は


光を通すプリズムのように、それまでとは全く違う未来へと、時代を導く。




この本からも、大きな、「天の雫」を感じた。




-------------



『さよなら、サイレントネイビー  地下鉄に乗った同級生』



著者 伊東乾氏は 大学時代の同級生である「豊田君」が、地下鉄サリン事件の実行犯、豊田亨被告であると知る。
その後、豊田被告との接見を続けながら、オウム事件の真相を追い、次第に事件の背景を明らかにしてゆくノンフィクション。
第4回開高健ノンフィクション賞受賞作。



著者が知っていた学生時代の「豊田君」と、起こした事件(地下鉄サリン事件)とのギャップ。


著者の亡きお父上がかつて語っていた戦争体験から、繋がり、明らかにされていく、日本という国の病んだ構図。


多くの事柄が必然的に連なって「オウム事件」というひとつの巨大な織物を編んだのだと感じた。


恐ろしい、信じられない、で、あなたは片付けてしまうの?と、たくさんの声なき問いが本のなかから響いてくる。


「サイレント・ネイビー」という言葉の重さを知る為にも、


一人でも多くの方に、読んでいただきたいと思う。











スポンサーサイト

PageTop

シズコさん

シズコさんシズコさん
(2008/04)
佐野 洋子

商品詳細を見る




去年だったかおととしだったか
友人が
「いかぽ、読み終わった本なんだけど、あげるよ~」と、プレゼントしてくれた。
そしてあらすじを簡単に話してくれた。




佐野洋子が自分の母親をゆるせなくて、最後は老人ホームへ入れたこと。

それについて佐野は後々まで苦しんだこと。

母に触れるのもいやだと書いてあったこと。




それを聞いた時、読んでみようかなーと思ったんだけど
実際に手元に届くと「こりゃ読めん!」と
結局は手をつけずに処分してしまった。(M、ごめん)
だけど今頃になって再び、読んでみようかなあと思っている。




私は自分で思っている以上に、何重にも心を覆ってきたらしい。
剥いても剥いても、本音は現われてこない。




私の記憶の中では
母の目は私の失敗を探す眼。
口は私を日々ののしる口であった。
そして手は
何度も、何度も、私のからだに傷をつける手であったのだ。




それでも私は
優しい瞬間の母を紡ぎ合せて
「おかあさん、ありがとう」と、口でも心でも繰り返し唱えてきた。




けれども、やはり、そうじゃあないでしょう?と、もう一人の私が叫ぶ。




そこを誤魔化したら何かが狂ってしまう。
そこを見つめなければ大事なものを失ってしまう。
奥の方に光を当てたい。




まずはそこからだ。
憎むのでなく非難するのではなく。





私が母を慕うことが出来ないのは
健全なことなんだよ、と、
新しい自分に伝えてあげたい。













PageTop

天使の祝福カード

天使の祝福カード―天使があなたに必要なメッセージを伝えます


KIMBERLY MAROONEY





天使の祝福カード―天使があなたに必要なメッセージを伝えます天使の祝福カード―天使があなたに必要なメッセージを伝えます
(2005/10)
KIMBERLY MAROONEY

商品詳細を見る





おととしのGWに入手したカード。


買った時以来、3枚法以外はひいてなかったので


2年ぶりにちゃんとひいてみた。


前回は「神の計画」


今回は「ラファエルのヒーリング」





44枚もあるというのに


ナサニエル


ファヌエル


メタトロン


ガーディアンエンジェル


ラジエル


が、前回と重なっていた。



いつものメンバーみたいな感じ?



何で彼らが登場するのか、2年前よりはわかる、つもり。





私は「学ぶ人」だ。


でも、あんましイイ生徒ではない。


自ら付けた傷を癒しながらの学びなので


自分でも嫌になるほど、不器用だ。














PageTop

癒しのお香

日常の中で、首をかしげることが時々あった。

買ってはみたものの、どうしたらいいかわからなかったこの本。




癒しのお香―高貴な樹脂・ハーブ・スパイスを楽しむインセンスガイド癒しのお香―高貴な樹脂・ハーブ・スパイスを楽しむインセンスガイド
(2004/04)
カーリン ブランドル長谷川 弘江

商品詳細を見る




自分の名前。

森の中のイメージ。

まぁそんなこともあるか、とは思いながらもなんだかひっかかる。
そういう断片をフラッシュさせながら日常をバタバタ泳いできた。

新しい世界、こんにちは。

エジプト。

フランス。

善光寺、戸隠。

みんなみんな懐かしい場所。

お友達が旅した場所。

ありがとう。

私たちはいま、懐かしくて新しい、織物を織っているのかな。

なーんて思いながら
いかぽ小屋でCちゃんに美味しいお茶でも淹れてもらいながら、お香を焚いてる自分の姿をぼんやり想像。

そんなゆるさでいいのか。

いいんだよね~。





PageTop

マグダラの書

マグダラの書―ホルスの錬金術とイシスの性魔術マグダラの書―ホルスの錬金術とイシスの性魔術
(2006/06)
トム ケニオンジュディ シオン

商品詳細を見る




この本とは
去年の7月に出会いました。
新年からイシスの流れが続いていたので
「イシス」の言葉に惹かれて
予約注文したのです。

手元に届いた
「マグダラの書」は
不思議な存在感を放っていて
とても大事なもののように感じました。

この本と向き合うことは
儀式のようにも感じました。

早速ひとりきりの時間をつくって
誰もいない部屋の中で
そっとページをめくりました。

そして私は
少し読んでは泣き
ところどころは本を置いて泣き崩れました。

「マグダラの書」のなかには
私の痛みの
ほとんど全てが入っていたのです。

生きづらさと苦しみの中で
前を向こうと奮闘してきた自分を
今までになく愛おしいと思いました。

もう生きていたくないと
何かに訴えて続けていた幼い頃の自分を
今までになく誇らしいと思いました。

それらの傷は神聖なプロセスだったのだと
やっとわかったのです。

暗闇のなかで途方に暮れている女の子たち
傷だらけの女の子を心の奥に抱えている女たち
この本は
そんな、たくさんの女性に呼びかけています。

そして
男性にも。

苦しみの時代は終わりました。
封じていた女性性を解き放ち
新しい扉を開けましょう。

ご自身の物語を加えて下さったジュデイ・シオン
トム・ケニオン
翻訳して下さった鈴木里美さん
発行して下さったナチュラルスピリット
そして
イシス
マグダラのマリアに
心からの愛と感謝を捧げます。

私たちにどうかたくさんの祝福がもたらされますように。




PageTop

時を超える聖伝説

「時を超える聖伝説」 ボブ・フィックス / 下山恵理菜 訳  星雲社



時を超える聖伝説―いま明かされる人類の魂の歴史/創世・レムリア・アトランティス 新しい次元へ時を超える聖伝説―いま明かされる人類の魂の歴史/創世・レムリア・アトランティス 新しい次元へ
(2002/01)
ボブ フィックス

商品詳細を見る




-*-*-*-*-*-*-*-


P161~
百万年前、ついにアトランティスは独立した国家となる。自然と調和した者たちと自然を支配しようとした者たちが、海によって切り離された。およそ百五十万年前になると、アトランティス人は、半神半人である偉大なリーダーを得ることになる。そのリーダーの名は、トート・ヘルメス。
トートは、地球を自分の住処に選ぶ。彼の母親はレムリア人で、あらゆる点で極めてすばらしい人間だった。また彼女には、母なる地球の聖なるパワーが与えられていた。実際にトートの母親は、母なる地球の直系の子孫であるという伝説も存在していた。そして、トートの父親はオリオンその人であり、この宇宙の十二の主たるエロヒム(もしくは創造主)のひとりだった。
言うまでもなく、トートはすばらしい人格とカリスマ性を持ち、陽気で頭脳明晰だった。今日の既知の科学はどれひとつとして例外なく、トート・ヘルメスによって地球にもたらされ定着したもの。彼によって医学が導入され、カドシウスには今日でもトートの紋章が残されている。天文学・占星術・数学・建築学はすべて、トート・ヘルメスが発展させたものだ。これらの科学を駆使して、トートはギザのピラミッドと、秘密の部屋と記録を保管したホール付きの古い時代のスフィンクスを設計した。
トートは勤勉でパワフルだった。そして多くのものをそば近くに集め、彼らを知識を得るためにこの宇宙のはるかかなたまで遣わした。この知識集団から、彼は科学者やエンジニアの集会を創設した。彼らは皆自分をパワフルで、神々や不死の人々の領域も含めて、他のいかなる生命体よりはるかに優れていると考えていた。彼らは、天界の神の領域や星や他の惑星からこの地球にやって来る者すべてを見下していた。そして神官や商人たちは、ついにパワーを手に入れたのだ。トートの物語は、驚くべき物語。それはまた、地球の歴史を全く変える物語でもあった。



P194~
トートの大ピラミッドは、アトランティス全体の中心的な神殿と政府の中枢となった。高貴な生まれの者に限って、そこに入ることが許された。ピラミッドの柱となる権威は、国全体の柱となる権威。すなわち政府と霊的なリーダーシップはひとつであり、同じものだったのだ。後にポセイドンとして知られるようになるアトランティスの中枢都市に入ろうとすると、この壮大な大ピラミッドが見えてくる。ピラミッドは、政府の建物や神官長たちや王たちとその家族たちの屋敷に取り囲まれている。その都市自体は、聖なるものの中でも、もっとも聖なるものであふれかえらんばかりの大都市。そこに住まうことを許されていたのは、アトランティス社会の選りすぐられた者たちだけだった。他の者たちは、その他の様々な社会的地位について、その都市の外で働いていた。



P246~
以前話したように、計画段階でそれぞれの文化の精神には、果たすべき課題が与えられていた。アトランティス文明は、今やヨーロッパ・アジア・ギリシア・中東・太平洋領域そして中央及び南アメリカに広がり始めていた。この時期が、アトランティス帝国の黄金時代。アトランティスから生まれた衛星国すべてが、今では独立するようになった。それらすべてが、それぞれ独自の道に秀でていた。今それらが、トートのビジョン以上に卓越したものへと進みつつあった。また、完全に覚醒した世界、しかも一層独立性を増した世界になろうとしていた。これらの覚醒した世界のそれぞれがすばらしく、そこに暮らす者たちは人間の持つ特定の技術を完全に体現していた。つまり彼らはアトランティスに仕えるべく作られていたということだ。



P261~
かのアトランティスは滅びてしまった。残されたのは海底の新たな文明と、いにしえの7人評議会によって始められた六つの文明。アトランティスに影響を与えた大変動の後、その六つの文明はますます力を強め、サナンダの信奉者や教師たちは、大きな希望を感じた。中には海底の新たな国名になった、かつてのポセイドンに留まる者もいたが、マスターである教師たちの活動の大部分は六つの衛星国で行われた。

地球上でトートが気に入ったのが、サハラ文明だった。彼は、サハラ文明がアトランティスの遺産のすべてを受け継いだところを思い描いた。十五万年前になると、ギザのピラミッドの建設に着手した。完成を見るのは、それよりもっと後のことになるのではあるが。ピラミッドを建設する前に、彼はスフィンクスを造り始めた。スフィンクスは、アトランティスとレムリア両国の業績に関する諸々の記録を収めたゴールドディスクを保管する目的のために設計されたものだった。トートは、その記録が永遠に消えないように望んだのだ。スフィンクスによって護られた記録は、今日もまだ現存している。



P263~
トートがサハラ領域に有形の首都を創造することへの抵抗が至るところに見受けられた。セラピス・ベイやサンジェルマンといった多くの偉大なマスターが、すでにそこで忙しく立ち働いていたのだ。そこでトートは地上の代わりに、かつてのアトランティスの真下に場所を変更した。そこは海。海の波の下でなら新たな文明を創造することができるはずだ。



P265~
サハラ砂漠の文明も、この頃絶頂期を迎えていた。その文明は、現在もなおかつてのイシスの神殿の下のルクソールの隠れ家にいるセラピス・ベイのリーダーシップと共に、トートとその最高の知識の両方の恩恵を享受していた。



P274~
一万四千年間、地球は洪水に没していた。これが聖書に描かれたノアの洪水。この洪水は、地球上のあらゆる文化の伝説や歴史に記されている。これが人類の記憶に留まる最初の出来事だ。そしてそこからあなたがたの歴史が始まる。



P275~
留まっていたマスターたちは全員、神殿や隠れ家での神事に忙殺され、人々の間で時を過ごすことはほとんどなくなっていた。しかし破滅が近づいて来たので神殿や隠れ家を離れ、海中のアトランティスに行き、そこにいる人々に警告を発し、出来る限り多くの霊的力を持った魂を集めようとした。マスターひとりひとりが、何とか準備の整っていた一握りの魂を見つけ、彼らを巨大な船に乗せた。洪水が襲って来れば、今まで使っていた球体状の乗り物を繰っていたテクノロジーは用をなさなくなることがわかっていたので、あえてその乗り物を利用しなかったのだ。
マスターたちは、それぞれ地球のさまざまな場所に赴き、未来への種を蒔こうとした。セラピス・ベイは、エジプトに赴いた。ヒラリオンはギリシャに向かった。わたしはすでに一団を引き連れ、ウェールズへと赴いていた。メルの文明はシャンバラと共に、洪水の前に消滅した。シャンバラのマスターたちは、現在に至るまで活動を続けているが、それはすべてエーテル界から行われている。メルに暮らしていた者の中には、コロンビアやペルーの山中に入って行く者もいたが、大部分はエーテル界に入って行った。メルとシャンバラのマスターのごく少数は、金星か最高評議会へと戻り、そこに現在も留まっている。

-*-*-*-*-*-*-*-

文中のわたしというのは、この本のナビゲーター「マーリン」のことです。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。